22 total views,  1 views today

Category

\国勢調査の時期ですよー/オンラインでサクッと申請!全項目大公開

コラム
この記事は約6分で読めます。

ポストを覗いてみると、何やら大きめの青い封筒が。

 

ふむふむ、これが国勢調査ですか。

 

 

<国勢調査には回答の義務があります>

 

なんてちょっと威圧的な文章とともにデカデカと

重要の文字。

 

これは、とただやらぬ気配を感じたなまけものは

すぐさま申請することにしたぞ。

 

オンライン申請では基本的に選択項目が多くそんなに手間や時間はかからなかったので今回は全画像を大公開◎

(時間にして10分くらいかな?)

 

 

ナマケモノ
ナマケモノ

スマホでできたからサクサク!

 

 

 

後回しにしがちなものだからちゃっちゃとやっちゃいましょう!

 

実際の画像で項目をチェック

 

まず青い封筒に入っているインターネット回答利用ガイドを取り出して、QRコードからアクセス

 

 

QRコードの使い方がわからなければ、

国勢調査オンライン
検索
で、google検索すればOK
ログインIDとアクセスキーはインターネット利用ガイドに記載されているものを使用する
(アクセルキー入力画面はログインIDを入力するとでてくるよ(^^)/)

世帯員の数及び世帯の種類

ここからは実際の項目。

 

まずは世帯員数について。

 

一緒に住んでいる人の人数を男女別に入力します。

併せて何人か、というところは勝手に計算してくれるのでとってもらくちん。

 

 

 

ナマケモノ
ナマケモノ

うちの場合は夫と私の二人なので上記のようになります。

 

 

氏名及び男女の別

名前を入力して男か女か選択します

 

世帯主との続き柄

世帯に属している人と世帯主との関係を選ぶ項目です。

 

 

世帯主である夫の項目、下が妻である私の項目なので、

 

夫の項目は【世帯主または代表者】を

私の項目は【世帯主の配偶者】と選択!

 

出生の年月

出生の年月に関しては選択するだけ!

しかも日にちは不要。

 

 

ナマケモノ
ナマケモノ

さらっと、なまけの年齢がばれましたね。(笑

配偶者の有無

世帯に属する人の配偶者の有無について選択します。

 

 

 

ナマケモノ
ナマケモノ

選択するだけ。簡単ね。

 

国籍

日本国籍か外国国籍かという二択です

 

 

現在の場所に住んでいる期間

現住所にいつから住んでいるのか回答する項目です。

 

具体的に何年前!という選択欄ではないのでうる覚えでも選択できそう。

 

 

5年前(平成27年10月1日)にはどこに住んでいましたか?

急に具体的な日時登場。
一瞬動揺してしまうが
『その時勤めていた職場』や『当時の付き合っていたのは…』とヒントを探り出し回答。
こちらも直接入力ではなく選択型になっています。

教育

現在の就学状況について選択します

最終学歴を選択する形ですね。

 

中退した場合は最後に卒業している学校を選択します!

 

 

1週間の仕事

9月24日から30日までの1週間の就業状況について選択します。

私の場合、今月半ばで退職しているので【少しも仕事をしなかった人】にあたる<家事>の項目を選択。

 

くそぅ…なんか不服だ…。

従業地または通学地

仕事をしている人はどこまで通勤しているか、学校に通っている人はどこまで通学しているか選択します。

 

 

 

※前の項目で私は[少しも仕事をしなかった人]にカテゴライズされたので私に関する選択枠はありません。

 

ナマケモノ
ナマケモノ

…間違ってないさ、間違ってないけどさ!(笑)

 

利用交通手段

勤務地や学校まで何で行ってる?という項目

 

簡単ですね。そしてもちろん私の項目はありません。働いていませんからね!!!!爆

 

あれ?セキュリティは大丈夫?

ここにきて急に不安になった私。

「結構というかだいぶパーソナルに踏み込んだ質問をしてくるが、セキュリティは大丈夫なのか…?」

 

「そうだ…あのマークはあるか?!!?!」

 

安心してください.SSL認証ついていましたよ。

間違いなく本物のサイトです(どんっ

 

 

気を取り直してあともう少し頑張りましょう。

 

 

勤めか自営かの別

雇われているのか、役員なのか、社長なのか、そんな項目です。

 

 

選択するだけなのでそんなに迷うことはありません。そう、迷うことはないのです。

 

しかしながら、

仕事しているのか、無職なのか。

雇われている側なのか雇う立場にあるのか。ボタン一つの差 ながらそこに存在する大きな差。

 

く、くそぅ…

 

夫と多少の敗北感を感じながら、次回こそはと思いをはせ、次の項目へ進む。。

 

勤め先・業主などの名称及び事業の内容

会社の名前(支店や店舗名まで)と、どんなことをする会社か?実際に自分はどんなことをしているか、

ここは記述欄となります。

 

 

仮に私がまだ在職していた場合はこんな感じ↓

例)名称:〇×整形外科 事業:外来専門 整形外科診療所 本人の仕事内容:外来患者に対するリハビリテーションの対応

 

 

住居について 住宅の建て方について

今の家は持ち家ですか?賃貸ですか?といった項目。

賃貸でもURは別の選択項目がありますね。

 

 

住宅の建て方についてはどんな造りかを選択します。

共同住宅の場合、何階建ての何階に住んでいるか記入します。

じりじりパーソナルな部分に近づいてきている気がします。

 

電話番号と住所

 

じりじり来てるー…!!と思ったら最後にがっつり個人情報の入力。

 

 

うん、もう

「どんな造りの何階建ての何階に住んでる?」

なんて項目いらなかったよね。

 

 

最後に入力内容の確認画面をチェックして送信したら提出完了です。

 

国勢調査はオンラインでサクサク完了

 

じりじりとパーソナルな情報に近づいてくる緊張感と少しの敗北感を味わっている間にあっという間に完了。

 

しかしここで朗報なのがこの調査、[5年に1度]に行われている。

 

まだ間に合う、まだいける。

今年の国勢調査は敗北感をが喫したが、

 

きっと5年後は!!!!!

 

 

国勢調査のインターネット回答期限は10月7日まで◎

 

 

あなたも国勢調査をきっかけに5年後の目標が立てられちゃうかも? ←

タイトルとURLをコピーしました