82 total views,  1 views today

Category

柔道整復師とは?柔道してなきゃなれないの?

コラム
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、ナマケモノです

今日は私が持っている資格[柔道整復師]についてお話していきます!

 

そもそも柔道整復師とは

どんなことをする人?

柔道してた人じゃなきゃなれないの?

 

ナマケモノ
ナマケモノ

今回は柔道整復師をしらないあなたにすこしでも知ってもらえたら、うれしいなぁ♡

…と、そんなスタンスのページとなっております。ゆるりとみてね

柔道整復師とはなにか。とっても簡単に!

柔道整復師とはなにか。

柔道整復師とは簡単に説明させていただくと、

[骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷]といわれる怪我に対して手術などの方法を使わない処置を許された厚生労働省管轄の国家資格者のことです!

身近な存在でいうと街の接骨院(整骨院)の先生たちはこの資格を持っています。[ちなみに接骨院と整骨院は同じです]

スポーツをやっていた人にとってはけがについて気軽に相談できるお兄さん的な位置づけだったかもしれませんね。

 

ナマケモノ
ナマケモノ

私も運動部に所属していたためよくお世話になりました!

ちなみにカイロや整体は別の資格ですよー!

 

整骨院はマッサージしてもらうところ。というイメージがあるかと思います

が、実際は怪我の対応をしてもらうところ、というのが正解で、整骨院の先生は怪我対応のスペシャリストなんです!

リラックスするためにするようなマッサージはほんとは保険つかえないのよ…

柔道をしていなきゃなれないの?

 

柔道整復師になるには柔道をしていきゃなれないのか?

そんなことはありません!実際私は柔道経験はありませんでした。

ただし!

専門学校(大学)のカリキュラムにはだいたい柔道の時間があります…。

ナマケモノ
ナマケモノ

柔道着、買わされますよ(笑)今はタンスの奥に眠ってます♡

つまり、柔道歴の有無は関係ないけれども、やらされることにはなる。わけですね(笑)

それでも、私は体育の授業感覚で楽しかったので、あまり悲観的にならなくても大丈夫だと思います。

 

柔道整復師とは なんで「柔道」がつくの?

 

 

なんで資格の名前に「柔道」がつくのか。資格の名前にスポーツの名前が入っているのは結構ふしぎですよね。

 

もともとは今の柔道整復術の前身である接骨術というもので人々の治療をしていたのが武道家や柔道家だったそう。

そのためルーツである「柔道」をいれ名前を柔道整復師とし、大正9年に国家資格と認められました。

 

武道にはケガもつきもの。だからこそすぐに治す独自の治療術ができたようです。

昔は資格が無くても治療にあたることができ、市民権を得ていたようです。

しかし、時代とともに医学も進歩し、新たな知識や技術が増えたため柔道整復術もブラッシュアップが必要となりました。

そして現在のように養成学校の卒業が必須、国家試験をうけて合格した人に資格を与えるという形に変わったわけです。

 

ナマケモノ
ナマケモノ

養成学校ができたのは戦後、つまり、昭和になってからだそう…!

 

古くは奈良時代から、とも言われるほど長い歴史があるため、今の柔道整復師の形となるまでに紆余曲折…

専門学校を出て、国家試験を受ける。という現在の流れがスタンダードになってからは意外にも歴史は浅いということですね。

昔は学校を出なくても治療ができたと考えるとちょっと怖いです(;’∀’)

柔道整復師とは まとめ

 

柔道整復師とはあなたの身近にある痛みやケガの対応をする専門家です。

養成学校で柔道整復学ほか、解剖学、生理学、運動学などの身体に関する知識をみっちり勉強し、あなたを専門的な観点から治療し、アドバイスをくれる存在です。

 

ただ気を付けなくてはいけないのは、柔道整復師は医師ではありません。

 

レントゲンも撮れなければ、薬の処方もできないし、注射も打てません。

怪我の専門家ではありますができないこともあります。

接骨院を利用する際はこちらを理解したうえで受診するようにしてください(^^)

 

昭和中期からできた柔道整復師の養成学校は今では全国に100校近く建立されています。

以前は専門学校だけだった柔道整復養成学校ですが、今は大学で学ぶという選択肢もあります。

キャンパスライフを満喫しながら、資格の勉強をするのもいいかもしれません^^

今、マイナビ進学では無料資料請求でプレゼントキャンペーンをやっているみたいです。

無料であれば一度資料を取り寄せてみても損はないですね^^

柔道整復師とは やりがいのあるお仕事!

柔道整復師とはとてもやりがいのある仕事です!

仕事内容はけして楽ではありませんが、こんなに面と向かって一日に何度も「ありがとう!」と言ってもらえる仕事はなかなかないのではないかなと感じています☺

たくさんの患者さんの笑顔とありがとうをもらうためには日々勉強が必要にはなりますが、治療をする側の私たちが元気をもらうタイミングもたくさんある、そんな仕事です!

お医者さんより近い立場で、健康について話せる

身近な相談相手として柔道整復師を覚えてもらえると幸いです。

 

 

 

 

大人のための置き換えダイエット【美穀菜】

 

 

タイトルとURLをコピーしました